夏の魔物

7月。日に日に暑さがひどくなり、セミのボルテージの上がっていっているが、一歩外に出ると人がたくさん。夏休みを迎えた子供たちだけではない。老若男女が皆、夏の魔物に当てられたように歩いているのだ。誰もが片手に持ったスマートフォンフォンに目を落としながら。日本では先週リリースされたばかりのアプリ「ポケモンGO」である。

 

大学の友人も、SNSの友人も皆ポケモンGOにのめりこんでいる。普段はポケモンの香りも感じない人たちですら。

私は元来ポケモン好きであるので当然リリース当日から始めているが、これが面白い。近所のコンビニや最寄駅など多少の移動なら自転車ではなく歩くようになった。イベントや登場ポケモンの追加など、今後の展開にも期待したい。

 

さて、社会現象とも呼ばれるほどのヒットとなっている「ポケモンGO」であるが、反対意見も多い。日本到来前から海外でも大ヒットしている一方で様々な問題が見られた。いわゆる「歩きスマホ」の問題だ。

私は、このアプリが巷で言われているような「歩きスマホ推奨アプリ」であるとは思わない。画面を見ていなくてもポケモンが出現すれば振動で通知がくるので、その時点で周囲の安全を確認してから立ち止まって確認すればよいのである。

「ポケストップ」と呼ばれるアイテム補給スポットがあるのだが。こちらは通知がない。しかし、こちらの場合はポケモンのようなランダム出現ではなく、事前に場所の確認が可能であるので、そこで立ち止まってから操作をすればよい。

結局は「ポケモンGO」というコンテンツの問題ではなく、利用者のモラル・マナーの問題なのである。ネガティブな意見に惑わされず、自分の目で確認してその魅力を発見してほしいものである。

 

最後に。

headlines.yahoo.co.jp

私はどんなコンテンツであれ、趣味に貴賤はないと考えている。(それが周囲に迷惑をかけないという前提だが) 「ポケモンGO」が様々な問題に発展していることはもちろん認めざるをえないが、一部のユーザーのみの問題であり、一般の利用者の人格をも否定し得るこの発言には同意しかねる。発言力のある人間が公の場でこの発言をしたことは非常に遺憾である。

「行けたら行く」

 

大学生の「行けたら行くわ」、実際来る可能性は何%? なんと衝撃の1位は……|ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』

 

なるほど確かに。行きたければ「行く」というし、事情があって行けないのなら「行きたいのはやまやまだが…」と一言詫びを入れて断れば良い。理由もないのに断るのが失礼だと考え、嘘をつくのも気が引ける場合は「行けたら行く」がベストだろう。お互いの暗黙の了解のようなものがあるので、「行けたら行く」が、断り文句として十分な機能を果たしているのだ。

 

私は「面倒くさい」は立派な断る理由だと思う。自分のスケジュールを外部からの力によって変更せざるを得ないことは大きなストレスである。「今日は家に帰ったら〇〇をしよう」と考えているときに突如誘いがあると、やはり「面倒くさい」となってしまうのだ。(もちろん、誘っていただけるのはありがたいことであるし、予定を作っていないときは出来る限り誘いを受けるようにはしているが・・・)行きたくないわけではない。面倒くさい。それだけなのだ。

 

ところで、この「行けたら行く」関西圏で特に多く使われる気がするのだが、関西人はなんと適当な人種であろうか。なにも違わないのに「ちゃうねん」から会話が始まり、「知らんけど」で締めくくる。自己主張と無責任のダブルパンチ。おそらく関西人は伝統的に、会話の中身よりもキャッチボール、会話のやり取り自体を楽しむ傾向にあるのだろう。知らんけど。

METROCK 2016 ①

今年のロックフェス開き。5月14日・5月15日。大阪は堺市、海とのふれあい広場にてMETROPOLITAN ROCK FESTIVAL(通称・METROCK)へ参加。

 

エリアマップやシャトルバスの詳細など重要な情報の公開が遅く、少し運営に対して不安を持ったままの参加となったが、全くの杞憂。至極快適なフェスであった。初夏、天候にも恵まれた中でロックの音楽に浸れる経験というのは至福そのものである。我が地元の堺市でフェス、それに地元のバンドであるKANA-BOONの出演が決まっていたので、大阪や堺を愛してやまない私は参加せざるを得ない、といった経緯で参加に至った次第だ。

 

全アクトの感想は当然書ききることが出来ないので割愛。印象に残ったものを少し。

キュウソネコカミ

オープニングにふさわしいお祭り感。ライブパフォーマンスが面白いという話はよく耳に入っていたが、予想以上のステージだった。

ゲスの極み乙女。

ほとんどMCなしでの進行。渦中の人物だけに、なんとなく客席にもヒリついた雰囲気があったが、最後の曲前のMCで「いろいろ吹き飛ばしていきましょう」の一言。最後の曲でようやく自分たちのパフォーマンスに引き込んだという印象。

サカナクション

初日のトリ。演奏ももちろん素晴らしかったが、それ以外の演出に感動した。照明やステージをフルに活用したパフォーマンスでトリにふさわしいバンドであった。ロックバンドのライブではなく、一つのショーやミュージカルを見せられたような感覚。

「ライブは楽曲披露のみの場に非ず。総合エンターテインメントの場であるべき」というのは私個人がかねてから主張していることだが、それを見事に体現していた。サカナクションボーカルの山口一郎のような人物を「アーティスト」「ミュージシャン」と呼ぶべきであろう。

 

ここまでが初日。2日目の感想やその他雑記は次回に持ち越し。続くかも(続かないかも)。

 

おやすみ。

まとめ

こんばんは。時間の流れは恐ろしく、久しぶりの更新となってしまった。この間に我が国日本の四季は移ろい、雪が積もっては溶け、桜が咲いては散り行き、新緑から暖かな木漏れ日が差す季節になった。わたしが立ち止まって休んでいても、無情にもこんなに早く時が経ち、空が廻って誰にも同じ朝が来るのだから、まだまだ生きていける。たぶん。

 

Google Chromeを久しぶりにiPhoneから起動したらこのページが出てきたので、生存報告。また機会があれば、皆さんのお目にかかる日が来る。また、その日までしばしお待ちを。

 

おやすみ。

アホか……

 お昼ご飯に少し料理でもしようと思ったが、醤油をどのくらい入れればいいか分からなかった。仕方なく某大手レシピサイトを覗いてみた。

 
「醤油適量」
 
 適する量が分かってたら初めからその量で入れてる。

所信表明

早速2度目の更新。「一か月に一度は」と目標を掲げはしたが、まさかの2日連続更新である。ハイペースじゃないか。飛ばしすぎではないか自分よ。「新学期は遅刻しないように学校に行く」だとか、「ノートの初めのページは綺麗に書く」だったりするのと同じようなもので、人間誰しも初めはやる気に満ちているのだ。もっとも、それを維持できるかどうかは個人の努力に依るのだが……。

 

前回の記事ではブログ開設に至った次第を述べたのだが、ところで何を更新すればいいのだろうか。それをここで思案してみようと思う。何を種として更新するのかについて、を種として更新をする。なんとメタ的であろうか。

 

一般的なブログはどうだ。「今日は友達と渋谷でショッピング!今年のトレンドのニット帽をゲット!」などと活動報告を行い、幸せそうな写真でも添付しているのだろう。完全な独断と偏見である。今年のトレンドがニット帽なのかどうかも知らない。しかしそれはどんな人からも愛されやすい人達のなせる所業であろう。わたしは友達が多くないし、ショッピングにもあまり興味がない。出来れば休みの日は家でお気に入りの音楽やラジオ番組などを聞きながら、読書にでも耽りたいと思っている。こう寒い時期になるとなおさらだ。そもそも渋谷など易々と行けるような土地にいない。

 

だが、そういったブログが市民権を得ている今、そういった形に迎合せざるを得ない時代に入っているのだと思う。デスクでキーボードを打つだけでブログが書けるような時代ではないのだ。こう見えても毎日毎日グルグルと思案しているつもりだが、それだけでブログを構成できるほどではないだろう。それが出来ればとうに自己啓発本の作者や思想家・哲学家として名を馳せている。

 

動こう。幸いにも今週末は数少ない友人との約束がある。時間と体力、そして経済的な余裕があるときはブログのネタに、話のタネにでもするつもりで色々な場所にのっそのっそと行くことにでもしよう。幸か不幸か、一人行動は慣れっこだ。少しでも実りある人生にするため、これからは「動く」ということを意識してみよう。まずは、ブログを書いてるこの椅子から動いて流し台に溜まった食器洗いから始めよう。

開始

初めての更新。実はアメブロでブログをやっていたこともあったのだが、あのゴチャゴチャとしたレイアウトや、繰り返し投稿されるスパムコメントに嫌気がさしたことと、自身の記事でも時期により文体や調子が異なることが妙に気になって、いっそ移転することにした。

 

というのは建前で、その実、自分の筆不精ならぬキーボード不精が問題だった。以前のアメブロは9月から更新していない。これは由々しき事態であると一念発起し、無理にでも環境を変えてみようと思い立ったわけである。11月26日という中途半端な日付からこのブログを始めることになるが、「もうすぐ待てば12月ではないか」「言ってる間に2015年も暮れるではないか」などとは言ってはいけない。わたしは飽き性なのだ。一晩寝ると慕情も熱情も劣情も夢に置いてきてしまう。「善は急げ」「思い立ったが吉日」「鉄は熱いうちに打て」云々。

 

高尚すぎる目標が自身を苦しめるのは経験から重々承知なので、控えめに宣言しよう。

 「1ヵ月に1つは記事を書く」

これでどうだ。